• MILE
    STONE

  • 1989

    スイスとドイツからの最新技術を活用し、ナイロン糸の製造工場を設立した

  • 1990

    シェードクロスと裏地に製造する布地を生産し始め、年に5千万ヤード以上世界中に販売した

  • 1998

    Duratexとは高耐久性なナイロン生地で、工業と軍事に使うように開発された

  • 2000

    hivis colorという発光色の生地は作業服に製造するための生地。株式会社DYSTARと連携し、ヨロッパーとアメリカのEN ISO 20471 とANSI 107規格に準じて生産する。

  • 2002

    標準化されて世界中に幅広く使われるhivis color生地の80%はThai Taffetaからの製品

  • 2008

    鞄、ダウンジャケットなどアウトドア製品向けの生地を生産しはじめた。主要納入先はアメリカとヨロッパーから

  • 2005

    スポーツ業に使う生地は特定な材質が必要となるので、 ポリエステルハイストレッチ(Polyester high stretch)という乾きやすく、着心地のいい生地を開発した

  • 2009

    北アメリカのマーケットに向け、ライフジャケットの生地を生産する。UL standard Lifesaving Equipment規格に認証された

  • 2010

    ポリエステルハイストレッチ(Polyester high stretch)は改めて開発された。ペットボトルから作られたリサイクルのポリエステル糸を利用し、現在までは2億瓶以上のペットボトルを再循環した

  • 2012

    Clean rooms fabricとは電気製品、食品、病院に使われる生地で、静電気、細菌、汚れの予防という特性がある。SEAGATEとHITACHIが主要納入先

  • 2015

  • 2017

    SKONIという防ダニシーツのブランドを作りはじめた。特別な製織の技術で製造され、ケミカル不使用で新生児に安全だとヨロッパーの規格から認証された

  • 2018

    環境に優しい工場にするように発展し、リーン生産方式で管理と運営をする。

ビジョン

株式会社Thai Taffeta(タイ・タフタ)は高品質な製品、革新的な製造工程、環境に優しい製造を狙って運営をし、後世の人々のために持続的可能な発達を作り、世界水準の織物の製造者になるように目指している。

ミッション

  • 革新的技術で製品を開発する
  • 環境に優しい製造工程を発展する。省水・省エネルギーで、環境に及ぼさない原料を使用する
  • 顧客のニーズに合わせるように製品を開発する
  • 顧客との関係を強化して長期的な連携を目指し、社内の人材育成を大切にする